スキューバダイビングについて

水の中で沈んだり浮いたりしないのは何故?

スキューバダイビングにおいてダイバー大きな器材を背負っているのに、浮くことも沈むこともなく水の中を平行に移動しています。何故このような事が可能なのでしょうか?その秘密は中性浮力を利用する技術にあります。体の平均比重をみずの比重に合わせることで水と体のバランスを取り体を水中で固定しているのです。この技術を使うことによってダイバーは水中で楽に動くことが可能となり足につけたフィンを軽く動かすだけで水中を散歩できるのです。

この中性浮力の調整は体に付けたオモリと浮き袋を使って行います。水の浮力は思っているよりも強くスキューバの器材の大部分の面積を占めるのが浮力のある酸素ボンベということもあり、器材を背負ったままでも体は水に浮きます。そのため深く潜るためにスキューバダイビング用のオモリを付けて体を水中深く潜らせていきます。それとは別に空気の出し入れが可能な浮き袋を装着しておき、オモリの沈む力と浮き袋の空気を調整することによって生まれる浮力をの平均をとることによって水中で止まることができるというわけです。オモリの重さは初めから付いているものなので調整することはなく、浮き袋の空気のみで調整を行います。当然のことですが空気を抜けばその分沈んでいき、入れれば浮上することになります。

この時に使用するスキューバダイビング用の浮き袋はBCD(Buoyancy Control Device)と呼ばれいる救命胴衣のようなベスト型をしているもので、背中に背負った酸素ボンベであるスキューバ・タンクから空気を送ったり、抜いたりすることによって調整します。水圧によって浮き袋の大きさは変化していくため、水深が変わる毎にこまめに調節していかないといけません。また、水圧によって肺の大きさもかわるため、この中性浮力の最終的な調整は呼吸によって行われることになります。

Valuable information

公益社団法人 日本レジャーダイビング協会
http://www.diving.or.jp/